総量規制でアコムがダメなら銀行カードローン

総量規制の対象は消費者金融やクレジットカードなどの貸金業者。アコムは消費者金融なのでダメですが、銀行のカードローンなら規制の対象とはなりません。規制対象外で安心して利用できる大手の銀行カードローンをご紹介!
MENU

総量規制にアコムは引っかかる

総量規制は消費者金融などの貸金業者からの借金を対象に規制されるものです。
つまり、アコムは消費者金融なので総量規制の対象になります。もし、あなたが年収の3分の1以上の借金を消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠でしていたら、新たな借り入れはできなくなります。

 

これで焦っている人も相当大勢いるはずです。

 

しかし、総量規制には抜け道というか、救済というか、対象外となる融資があります。

 

それは銀行からの融資です。

 

銀行は、総量規制の対象となる貸金業者には含まれません。ですから、銀行から借り入れる融資は、フリーローンであれ、消費ローンであれ、カードローンであれ、対象外となります。

 

つまり、消費者金融をメインに借りているのであれば、銀行カードローンを申し込んでみるのも一つの手だということです。

 

アコムが保証会社の場合は?

銀行ローンであっても、保証会社が消費者金融の場合があります。たとえば、アコムとか、プロミスとか、オリコなどは、いろいろな銀行のカードローンの保証会社になっていたりします。

 

こうした場合、総量規制の対象になるのではないかと思われる方がいらっしゃいますが、保証会社は総量規制には関係ありません。

 

契約主体が銀行であれば、保証会社が消費者金融であっても問題ありません。

 

つまり、アコムが保証会社の銀行カードローンは総量規制は関係ないということになります。

 

銀行のカードローンならココがおすすめ!

銀行のカードローンといっても、銀行は非常に数多くあります。
お近くの地方銀行や信用金庫などでも総量規制の対象外にはなりますが、どうせ借りるなら低金利のところにこしたことはありません。

 

このページの先頭へ